2019年12月7日土曜日

2019年11月の活動報告



11/2()~4() 秋季キャンプ(クマ招待キャンプ):羽村市堰下レクリエーション広場
10月に台風で延期になりましたがキャンプ場は冠水がなく川の水も平常に戻っていました。
初日、A型テント及びタープを用いて設営。また常設の釜戸を用いての調理も心配なく火が起こせました。自己紹介とナイトゲームは駆けつけたVSの上級班長二人の仕切りで盛り上がりました。
 二日目は朝に昼のお弁当を作成し、前夜のゲームで手に入れた地形図と指示書を解き、座標読みをもとに電車で武蔵五日市へ。都立小峰公園から入って金剛の滝までのハイキングコースを辿りました。夜のプログラムはやはり上級班長達がエールマスターとなるボンファイヤーで盛り上がりました。


 荷出し時、CS隊が6名、VS隊の上級班長達2名は夕方からの参加となるため設営が簡易なドームテント3張りの指示を参加スカウトの2名に出したところが思わぬ申し出がありました。「8人全員入れると思いますんでA型テントでやらせてもらえませんか?」「構わないけどカブの子たち使って張るのは大変だよ?」と返すと、「大丈夫ですよ。夏に雨の中、二人で張りましたんで。」頼もしい言葉がありました。張り終えたテントはしっかりしたものでまた朝の点検時にはウォールもしっかりと巻き上げられ乾燥作業も成されていて、我々も感心するばかりでした。「カブにやり方を教えて指示を出しました。」スカウト達の成長が一気に早まっているのが強く感じられるキャンプでした。



11/10()ユニセフ募金:東村山市役所
 産業祭に合わせ班活動としてBVSCS各隊と一緒に募金活動を行いました。

11/17()北多摩地区BS部門プログラム研究会:東大和市南街公民館

11/24()ハイキング:巾着田・高麗峠・天覧山・多峯主山
 前々日からの雨。当日も朝から霧雨が降っていたが、天気予報の「910時には降り止む」をたよりにいざ出発~!         
900 高麗駅に到着。予報通り雨も上がり冷え込みも、風もなく絶好のハイキング日和の予感がプンプン。
945 巾着田のドレミファ橋に到着。ここでスケッチタイム。リーダーも含め全員が筆?をハシラセ、なかなかの傑作が仕上がりました。上下のわからない超芸術作品もあり、採点が楽しみだ!みんな真剣に描いていました。  
1030 ほほえみの丘到着。途中高麗峠・萩の峰を経由するコース。起伏の少ない楽なコースだが、全行程約13Kmを予定。  
1045 いったん車道に出てさあ、これから厳しい登山?の始まりです。
1110 天覧山山頂到着。結構な人でにぎわっています。ほとんどのグループが昼食タイムでしたが、我々は紅葉を観ながら次の山を目指していざ出発~。
1155 多峯主山山頂到着。山頂手前の坂は本日一の急階段で結構きつかった。低い山だがなかなかの眺望で気持ちいい~~。ここで絵の採点をみんなでやった。結果はスカウトにお聞きください。 
  
1245 下山開始。御嶽八幡神社を経由して吾妻峡(ドレミファ橋)を目指している途中で、ハイカーより「橋が渡れない」との情報。急遽歩道を歩くルートに変更し、飯能河原を目指す。     
1350 飯能河原到着。ここでコーヒータイム。コンビニスイーツ&當間さんからの鴨の舌を食す。美味でした。      
1450 観音寺到着。白い象と記念撮影。   


1505 飯能駅到着。簡単なセレモニーを行い、いざ東村山へ!(岡谷は西所沢で解散)
1553 みんな無事に東村山駅到着。1600解散。お疲れさまでした。
【今回のハイキングは「ヤマノススメ聖地巡礼 飯能編」をベースにしたコースでした。気になる方は調べてきてください】

2019年10月の活動報告


10/12()14(祝)くま招待秋キャンプ*延期
多摩川の河川にある羽村市レクリエーション広場での23日のキャンプを予定していましたが、台風19号の影響を考え延期としました。代替えの日程は112~4日を予定しています。

10/27() 隊集会・赤い羽根共同募金:団舎・東村山駅
 カブ隊と合同で東村山駅西口・東口で10:00からそれぞれ30分ずつ募金活動を行いました。恥ずかしがらずの元気に声が出ていました。
 団舎にて集計・昼食後来週に延期となった秋キャンプの荷出しおよび倉庫移転に向けての備品整理を行いました。



2019年10月20日日曜日

2019年8月・9月の活動報告


9月活動報告】
8/25(日)隊集会・夏季活動報告会:秋津公民館
夏のキャンプシーズンの終了を区切りに、各隊の活動を報告する集会が秋津公民館にて開催されました。ボーイ隊からは滑沢キャンプ場で行われた夏の56日のキャンプについてと、一年間を通じた活動について、楽しかったこと、つらかった事をベスト3の形で発表しました。


9/8(日)隊集会 野帳作成ハイキング
 台風15号の影響により、午前中は快晴ですが蒸し暑い。狭山公園まで自転車で行き、野帳作成。「野鳥ってカラスとカワセミくらいしか知らないや!」ヤチョウ違いで今回はコンパスと歩幅を用いた測量による地図作成です。
 はじめてに狭山公園内で講義。要領はすぐにわかったようです。その後多摩湖の北東の端をスタートしゴルフ場伝いにアルペンコースと呼ばれる狭山湖から東村山上水道へと続く水道局の導水管の上を歩くルートに入ります。夏草が生い茂ったルートで山あり谷あり滑りやすい斜面あり。野帳を記録しながら進みました。狭山湖畔霊園まで進み近くの谷戸となる菩提樹池でゴールとしました。
 狭山公園で昼食、とたんの雨。その後雨やみを待って団舎へ戻り、野帳をもとに地図作成。浮かび上がってくる歩幅を縮尺とした地図にスカウト達は驚いていました。
 その後、上級班長からアンノウンスカウトとアンノウンソルジャーについての逸話を聞き解散となりました。

9/28()29(日)オーバーナイトハイキング
17:00団舎集合で神宮絵画館前へ移動。19:55神宮球場からのプロ野球の歓声を聞きながらの出発となりました。建設中の新国立競技場横を抜け、代々木から新宿経由で甲州街道へ。第1チェックポイントの下高井戸まではなんとスカウト達が走り出しました。第2チェックの京王線柴﨑駅近辺までもハイペースが続きました。この後、1964年の東京オリンピック大会のフルマラソン種目の折り返し地点となる味の素スタジアムを抜け第3チェックポイントの白糸台となります。
深夜1:30眠気も疲労もピークのようです。東村山の文字が見え府中街道に入るとそれでも気を取り直したのかペースが戻ります。恋ヶ窪の最終チェックポイントを抜け440分団舎着。
次に到着したフクロウ班、上級班長組を待っての解散となりました。合計約33km。よく頑張りました。