2020年1月26日日曜日

2019年12月の活動報告


12/8日(日)班集会:団舎~鳥類保護章事前課題作成:東村山中央公民館
クリスマス会のスタンツの打ち合わせを団舎で、その後中央図書館が使えなかったため中央公民館にて東京連盟の鳥類保護章講習会の事前課題の作成を行いました。



12/14()~15() 班キャンプ:団舎
 スカウト自身の計画による班キャンプを実施しました。団舎の庭での野営を楽しんだようです。

12/14()夜回り警備:団舎周辺
 師走とは思えない穏やかな天候で、絶好の夜回り日和でした。CS隊・BS隊合同プロで、スカウト数&リーダー数も参加率は良かったほうかな?と思います。私自身23年振りに参加しましたが、みんな大きな声で元気よくきっちりできていました。近年では一番元気があったように思います。特にカブスカウトは元気があり、感心しました。
今回の夜回り警備は、非常に気持ちのいいストレスのない活動でした。いい奉仕が出来たと思います。VSスカウト2名も参加してくれ、心強かったです。ありがとう!

12/15()クリスマス会&団舎お別れ会:団舎
 6団すべての隊が集まっての大集会が行われました。前半はクリスマス会、BVS隊のゲームを楽しんだ後、各隊の出し物が披露されました。ボーイ隊はスタンツ(即興劇)「アンノンソルジャー」、太平洋戦争の際に日米の兵士たちのお話です。班キャンプの際に時間を使ってじっくりと練習した演技は非常に良かったです。サンタさんから、良い子だけにはプレゼントをいただきました。
 炉端焼きのおいしいお昼ご飯の後、午後はベンチャー隊のゲーム集会を楽しみ、全体での写真撮影を行いました。長い間ボーイ隊の活動の拠点となっていた団舎ですがこの年末でお別れになります。様々な思い出のある場所に感謝です。


12/22(日)鳥類保護章講習会(東京連盟主催):都立葛西臨海公園
東京連盟主催の鳥類保護章講習会に参加しました。葛西臨海公園で東京連盟他地区のスカウト達と講習に臨みました。



12/28()30(月)スキー教室:菅平高原キャンプ場
 BS恒例のスキー教室に行ってまいりました。2019年度はCSBSVSの合同となりました。バスには乗ったものの菅平高原に移動中も積雪が危ぶまれる状態で、高速道路を降り、スキー場に近づくにつれバスの窓の外の景色が白くなり、スカウト共々リーダーも「ホッ」と無胸をなでおろしました。

 さて、昼食後にスキーの準備をして、オープンしているゲレンデを確認しましたが、白銀林間コースと反対側のファミリーコースのみで、ブッシュ(草)も多少見えており、無理せず体を慣らすことよりより活動開始としました。リーダーもかなり久しぶりの隊長を含めおっかなびっくりでしたが全員怪我もなく足慣らしを終えられました。夜は昼間の滑りの録画を見て、各自反省を行い、翌日滑りについてスカウトからの強い希望として「パラレルターンが出来る様になりたい」の一言で強化訓練を実施することに決定しました。

 二日目も夜の降雪が無かった為、昨日と同じゲレンデと裏ダボスに足をのばしました。昨晩のスカウトからの要望に従い、BSスカウト3人には副長補のお手本を見ながら、緩やかに大きなターンを心がけ、少しずつ両足が揃えての滑りに向けて練習を行い、午後の部で更に重心と大きなターンを心がけ、夕方には自然に足を揃えた滑りが出来るようになりました。流石です。夜は昼の滑りの録画を全員で見ながら更にイメージトレーニングに励みました。
 三日目は夜間からの降雪もあり、ほぼ全コースがオープン。時間を追うごとに風が強くなり吹雪いて、体を動かさないリフトの上では寒さが身にしみる状態でした。裏ダボスにまで足をのばし、新雪の中を気持よく時間まで滑ることが出来ました。帰りのバスは皆疲れ切って全員で爆睡でした。“あっ”と言う間のスキー教室でした。皆さま来年もまたお会いしましょう。



2019年12月7日土曜日

2019年11月の活動報告



11/2()~4() 秋季キャンプ(クマ招待キャンプ):羽村市堰下レクリエーション広場
10月に台風で延期になりましたがキャンプ場は冠水がなく川の水も平常に戻っていました。
初日、A型テント及びタープを用いて設営。また常設の釜戸を用いての調理も心配なく火が起こせました。自己紹介とナイトゲームは駆けつけたVSの上級班長二人の仕切りで盛り上がりました。
 二日目は朝に昼のお弁当を作成し、前夜のゲームで手に入れた地形図と指示書を解き、座標読みをもとに電車で武蔵五日市へ。都立小峰公園から入って金剛の滝までのハイキングコースを辿りました。夜のプログラムはやはり上級班長達がエールマスターとなるボンファイヤーで盛り上がりました。


 荷出し時、CS隊が6名、VS隊の上級班長達2名は夕方からの参加となるため設営が簡易なドームテント3張りの指示を参加スカウトの2名に出したところが思わぬ申し出がありました。「8人全員入れると思いますんでA型テントでやらせてもらえませんか?」「構わないけどカブの子たち使って張るのは大変だよ?」と返すと、「大丈夫ですよ。夏に雨の中、二人で張りましたんで。」頼もしい言葉がありました。張り終えたテントはしっかりしたものでまた朝の点検時にはウォールもしっかりと巻き上げられ乾燥作業も成されていて、我々も感心するばかりでした。「カブにやり方を教えて指示を出しました。」スカウト達の成長が一気に早まっているのが強く感じられるキャンプでした。



11/10()ユニセフ募金:東村山市役所
 産業祭に合わせ班活動としてBVSCS各隊と一緒に募金活動を行いました。

11/17()北多摩地区BS部門プログラム研究会:東大和市南街公民館

11/24()ハイキング:巾着田・高麗峠・天覧山・多峯主山
 前々日からの雨。当日も朝から霧雨が降っていたが、天気予報の「910時には降り止む」をたよりにいざ出発~!         
900 高麗駅に到着。予報通り雨も上がり冷え込みも、風もなく絶好のハイキング日和の予感がプンプン。
945 巾着田のドレミファ橋に到着。ここでスケッチタイム。リーダーも含め全員が筆?をハシラセ、なかなかの傑作が仕上がりました。上下のわからない超芸術作品もあり、採点が楽しみだ!みんな真剣に描いていました。  
1030 ほほえみの丘到着。途中高麗峠・萩の峰を経由するコース。起伏の少ない楽なコースだが、全行程約13Kmを予定。  
1045 いったん車道に出てさあ、これから厳しい登山?の始まりです。
1110 天覧山山頂到着。結構な人でにぎわっています。ほとんどのグループが昼食タイムでしたが、我々は紅葉を観ながら次の山を目指していざ出発~。
1155 多峯主山山頂到着。山頂手前の坂は本日一の急階段で結構きつかった。低い山だがなかなかの眺望で気持ちいい~~。ここで絵の採点をみんなでやった。結果はスカウトにお聞きください。 
  
1245 下山開始。御嶽八幡神社を経由して吾妻峡(ドレミファ橋)を目指している途中で、ハイカーより「橋が渡れない」との情報。急遽歩道を歩くルートに変更し、飯能河原を目指す。     
1350 飯能河原到着。ここでコーヒータイム。コンビニスイーツ&當間さんからの鴨の舌を食す。美味でした。      
1450 観音寺到着。白い象と記念撮影。   


1505 飯能駅到着。簡単なセレモニーを行い、いざ東村山へ!(岡谷は西所沢で解散)
1553 みんな無事に東村山駅到着。1600解散。お疲れさまでした。
【今回のハイキングは「ヤマノススメ聖地巡礼 飯能編」をベースにしたコースでした。気になる方は調べてきてください】

2019年10月の活動報告


10/12()14(祝)くま招待秋キャンプ*延期
多摩川の河川にある羽村市レクリエーション広場での23日のキャンプを予定していましたが、台風19号の影響を考え延期としました。代替えの日程は112~4日を予定しています。

10/27() 隊集会・赤い羽根共同募金:団舎・東村山駅
 カブ隊と合同で東村山駅西口・東口で10:00からそれぞれ30分ずつ募金活動を行いました。恥ずかしがらずの元気に声が出ていました。
 団舎にて集計・昼食後来週に延期となった秋キャンプの荷出しおよび倉庫移転に向けての備品整理を行いました。