2021年1月9日土曜日

2020年11月の活動報告

【11月の活動報告】

11/15(日)ハイキング:日和田山

●最近の活動でよく高麗駅&巾着田を利用していたので、その場所を上から見て知ってもらうためにこのハイクを計画。

●新体制になってから初めてのハイキング。新米スカウトも皆元気だし、簡単な山なので怪我だけ注意して、いざっ!出発~


09:25 高麗駅に到着。勝手知ったる場所なので、銘々がトイレを済ませスタンバイ完了!

09:45 ハイク開始。いつもの巾着田を右に見ながら山道へ

10:20 男坂・女坂 分岐に到着。当然男坂を目指す。注意喚起し、手袋はめて岩場にアタック!(5~6歳の子もチャレンジしているほどの岩場ではあるが、油断は禁物。何事もなく無事で良かった~)

10:35 金刀比羅神に到着。ここからの眺めは素晴らしい。巾着田・西武ドームも見えました。

 


11:00 日和田山山頂到着。ここで當間副長による技能指導。シルコンを使ってお勉強タイム。が、約2名シルコンを忘れて、、けしからん!

12:09 物見山山頂到着。さあ、楽しいお昼ご飯。今日のメニューは、おにぎりとカップスープ。ちょっとさみしいが仕方ない。また、ここでは眺望もなく残念だったが、スカウトたちは飯に夢中で関係ないか!?

12:40 下山開始。北向地蔵経由で五常の滝を目指します。途中、地図の見方に自信のないスカウトへ隊長直々に指導。少しでも身につくことを期待したい。

 


14:00 五常の滝到着。入館料を取られたわりには・・・でした。まっ、こんなもんか!!

14:50 武蔵横手駅到着。予定よりも15分ほど早く下山。約30分の電車待ちの間に、解散セレモニーを済ませる。

15:19 武蔵横手駅発車~。簡単な山とはいえ疲れて寝ているスカウトもチラホラ。

16:12 みんな無事に東村山駅到着。16:20あらためて解散。お疲れさまでした。


【今回のハイキングは初心者向きのコースなので、新米スカウトもまったく問題なくスムーズに進行。次は健脚向きのコースにチャレンジ!?】

【まだまだ班毎のまとまりが今一か。一人で何でもできてしまう班長が、上手く班員をまとめて団結し、何でもできる班になることを期待したい】

11/22(日)隊集会:*中止

北山公園での技能訓練、および倉庫で今後のテント設営のための準備を予定していましたが、新型コロナの感染者の高まりを受けて、中止の判断としました。今後も状況を注視しながら活動を行っていきます。

2020年11月30日月曜日

2020年10月の活動報告

 

10月の活動報告】

10/11(日)班集会(赤い羽根共同募金):東村山駅東口

社会福祉センターに移動して準備を始めたところ、プラカードを作りたいとの申し出がありました。

臨時制作した「赤い羽根共同募金」のカードを持っての募金となりました。コロナの影響で例年のように元気な声でとは行きませんでしたが一緒に活動したカブ隊を意識して「快活」を心掛けたのでした。

 


10/25(日)隊集会:巾着田川原

高麗川にある巾着田川原で隊集会を行いました。公共交通機関を利用しての活動は本当に久しぶりです。

巾着田の河原では前回に続きクラフトワークとして立ちかまどの製作を行いました。前の隊集会では練習として骨組みを組むまでを練習しましたが、今回は更に、割った竹で床を作り、その上に新聞紙、更に土を持って火床を作りました。この上で火を燃やすことで地面を傷めることなく、移動可能なかまどとなります。

お昼ごはんはこのかまどで作った豚汁をいただきました。楽しい秋晴れの一日でした。




 


2020年10月28日水曜日

2020年9月の活動報告

 9/13(日)隊集会:八国山 

東村山駅東口集合の後八国山緑地おおぞら広場へ移動しました。新班長任命後 『立ち釜戸』作成を行いました。昼までに完成は出来ないというリーダー側の目論見とは裏腹になんと開始90分程度で完成。8月に模型作成を行ったためか基本となる巻結び・角縛り・筋違縛りが理解できていたためと思われます。完成したものはスカウトがテーブルとして座っても抜けないほどの強度でした。

 その後、前回に引き続きポリ袋を利用した料理にチャレンジ。小型ストーブを用いて必要最小限の水でコンソメスープを作成しました。立ち釜戸はテーブルとして使用しました。

 午後は立木を利用して春から全くできなかった国旗掲揚法を学びました。久しぶりにも関わらず、班長の二人は全く問題なく掲揚降納をこなし、初級スカウト達に指導していました。





9/26(土)~27(日)オーバーナイトハイキング:熊野神社~多摩湖自転車道路~玉川上水

一晩かけて30kmの距離を歩くというオーバーナイトハイキングに7名のスカウトが挑戦しました。例年は遠く離れたスタート地点から東村山を目指すのですが、公共交通機関を使えない状況から熊野神社社務所を出発し、八坂駅から多摩湖自転車道路、武蔵大和駅からけやき通りを南下して玉川上水を下り、境浄水場を回って、再び多摩湖自転車道路を通って熊野神社に帰着するというの周回のコースです。

行動は班単位で行います。ボーイ隊の二つの班と保護者の皆さんのフクロウ班が10分の間隔を持ってスタートし、交通ルール、安全に注意しながら進みます。玉川上水緑道は街頭もなく真っ暗ですのでヘッドライトも必須です。前日から続いていた雨が気がかりでしたが霧雨程度でなんとか持ちました。

特に一年目のスカウトにとっては、距離も眠気もあり大変なハイキングでした。しかし真っ暗な夜から徐々に明けていく空の下で班のみんなと励ましあいながら頑張った経験は何事にも代えられないと思います。全員がリタイアなくゴールしました。おめでとう!!

安全管理のために社務所での待機いただいた団の方々、コースを回ってくれたローバースカウトのO城君、O野君、ありがとうございました。特にO野君は遅れたスカウトの後ろにつきながらコースの最後の部分を一緒に歩いてくれました。感謝です!