2020年11月30日月曜日

2020年10月の活動報告

 

10月の活動報告】

10/11(日)班集会(赤い羽根共同募金):東村山駅東口

社会福祉センターに移動して準備を始めたところ、プラカードを作りたいとの申し出がありました。

臨時制作した「赤い羽根共同募金」のカードを持っての募金となりました。コロナの影響で例年のように元気な声でとは行きませんでしたが一緒に活動したカブ隊を意識して「快活」を心掛けたのでした。

 


10/25(日)隊集会:巾着田川原

高麗川にある巾着田川原で隊集会を行いました。公共交通機関を利用しての活動は本当に久しぶりです。

巾着田の河原では前回に続きクラフトワークとして立ちかまどの製作を行いました。前の隊集会では練習として骨組みを組むまでを練習しましたが、今回は更に、割った竹で床を作り、その上に新聞紙、更に土を持って火床を作りました。この上で火を燃やすことで地面を傷めることなく、移動可能なかまどとなります。

お昼ごはんはこのかまどで作った豚汁をいただきました。楽しい秋晴れの一日でした。




 


2020年10月28日水曜日

2020年9月の活動報告

 9/13(日)隊集会:八国山 

東村山駅東口集合の後八国山緑地おおぞら広場へ移動しました。新班長任命後 『立ち釜戸』作成を行いました。昼までに完成は出来ないというリーダー側の目論見とは裏腹になんと開始90分程度で完成。8月に模型作成を行ったためか基本となる巻結び・角縛り・筋違縛りが理解できていたためと思われます。完成したものはスカウトがテーブルとして座っても抜けないほどの強度でした。

 その後、前回に引き続きポリ袋を利用した料理にチャレンジ。小型ストーブを用いて必要最小限の水でコンソメスープを作成しました。立ち釜戸はテーブルとして使用しました。

 午後は立木を利用して春から全くできなかった国旗掲揚法を学びました。久しぶりにも関わらず、班長の二人は全く問題なく掲揚降納をこなし、初級スカウト達に指導していました。





9/26(土)~27(日)オーバーナイトハイキング:熊野神社~多摩湖自転車道路~玉川上水

一晩かけて30kmの距離を歩くというオーバーナイトハイキングに7名のスカウトが挑戦しました。例年は遠く離れたスタート地点から東村山を目指すのですが、公共交通機関を使えない状況から熊野神社社務所を出発し、八坂駅から多摩湖自転車道路、武蔵大和駅からけやき通りを南下して玉川上水を下り、境浄水場を回って、再び多摩湖自転車道路を通って熊野神社に帰着するというの周回のコースです。

行動は班単位で行います。ボーイ隊の二つの班と保護者の皆さんのフクロウ班が10分の間隔を持ってスタートし、交通ルール、安全に注意しながら進みます。玉川上水緑道は街頭もなく真っ暗ですのでヘッドライトも必須です。前日から続いていた雨が気がかりでしたが霧雨程度でなんとか持ちました。

特に一年目のスカウトにとっては、距離も眠気もあり大変なハイキングでした。しかし真っ暗な夜から徐々に明けていく空の下で班のみんなと励ましあいながら頑張った経験は何事にも代えられないと思います。全員がリタイアなくゴールしました。おめでとう!!

安全管理のために社務所での待機いただいた団の方々、コースを回ってくれたローバースカウトのO城君、O野君、ありがとうございました。特にO野君は遅れたスカウトの後ろにつきながらコースの最後の部分を一緒に歩いてくれました。感謝です!







2020年9月29日火曜日

2020年7月8月の活動報告


7/5(日)技能隊集会:秋津公民館

 秋津公民館での三密を避けての隊集会。いくつかのスカウト技能を学びました。

 通信としては手旗信号の練習を行いました。歴史のある(古い?)技術ですが、今でも使われています。遠距離にいる人に両手の旗を動かして文章を送るという体験を楽しみました。次いで、救急法では三角巾の使い方、人工呼吸などの技術と共に、実際に具合の悪い人に出会ったときにとるべき行動を学びました。ベンチャー隊からの強力な助っ人先生の的確な指導にとても感心しました。ありがとう!

 キムスゲームという観察ゲームも楽しみました。24個の品物を1分間観察して、後で思い出すというもの。16個書き出せれば合格ですがなかなか難しいものです。

 これらのスカウト技能は学ぶだけではなくこの後の活動の中で活用していきます。楽しむためにはしっかり身に着けることが大事、今後も何度か練習しましょう。




7/12(日)ハイキング:狭山公園

 気温30度を超える中でのハイキングとなりました。想定書に基づき殆ど活動では行かない狭山湖北部エリアを回りました。

 これまで実施してきた班活動等の総ざらい。レオライナーで西武遊園地から西武球場前まで移動し、スタートです。第一チェックポイントの堀口天満天神社では救急法。第二チェックのクロスケの家・第三チェックの狭山湖までは地図記号と読図をもとに移動。第四チェックの狭山湖取水搭ではスケッチ。第五チェックの西武ドーム周辺では三角点水準点探し。総行程15kmを超えるこれまでまなんだスカウトスキルを駆使しての班対抗のハイキングとなりましたがバテルこともなく、無事完歩となりました。優秀班はハヤブサ班でしたがみんな頑張りました。9月のオーバーナイトハイクは30kmを超えますが期待が持てます。

 


8/10(祝)グリーンバー会議・トレーニング サンパルネ

炊事章および野営章プログラムの確認と技能訓練を座講を中心に実施しました。

 

8/23(日)隊集会 中央公民館

 当初はテント張りを行う予定でしたが、連日の酷暑のため室内で工作物としました。本来竹材を用いてキャンプ時に使う「立ち釜戸」や「テーブル」を作成しますが上述の理由によりボーイスカウトエンタープライズが提供するキットを用いて個人での「投石器」の作成となりました。初めに基本となる巻結び、筋違縛り、角縛り等の確認を終え開始。トータル6時間になる長丁場でした。時間切れで全員が完成とはいきませんでしたが普段使用する竹材や縛材とは違い非常に結びや割が容易で基礎をしっかり学ぶ機会になったと思います。




8/30(日)隊集会 都立小金井公園

気温が高いときに火を扱うことが気になりましたが、東村山駅から自転車で小金井公園を目指しました。

『手を汚さない調理』というテーマでポリ袋を用いてオーストラリアの羊飼い達のパンであるダンパーを作成しました。ポリ袋で捏ね、発酵させた後アルミホイルで分量をしっかり量っての作成でしたので大きな失敗はなく完成しました。またポリ袋にキュウリと塩昆布を入れて作った漬物。防災時の保存食の取り方、食器を汚さない使い方等を行いました。

午後は、布・砂利・炭・小石を用い持参したペットボトルを用いてのカートリッジ型簡易濾過機の作成。泥水が済んだ水に変わることにスカウト達は驚き、「飲めそうだ!」との声が上がりました。煮沸すれば飲めなくはないのですがあくまで非常用です。多摩湖から取り込まれた水が市内の浄水場で同じような過程で濾過され自転車道の下を通り、更に都内に供給される仕組みに驚いていました。