2022年5月11日水曜日

2021年3月の活動報告

3/5(土)-6(日)耐寒キャンプ(羽村市堰下堰下レクリエーション広場)




コロナ第6波の影響で延期となっていた一泊キャンプを、ついに実施することができました。3月になり「耐寒」というほどでもなくなってしまったかと思いましたが、夜半の冷え込みは相当なものでした。

会場は羽村市・堰下レクリエーション広場、堤防を乗り越えての荷物搬入が大変ですが、芝生の気持ちの良いキャンプ場です。コロナ対策のために個人用のテントでの設営を行いました。班のサイトをぐるりと囲んでのテントは壮観です。

設営後のプログラムは買い出し。市内のスーパーに夕食の食材を買いに行くのですが、なぜかコースはキャンプ場の裏山を登って降りてのハイキングコース、山頂からの景色は良かったのですが、えらい疲れました(特に同行したリーダーが…)。



夕食のカレー、夜の肝試し、明け方の寒さ、と十分に楽しめたキャンプとなりました。久々だったので段取りの悪さもあり、時間に遅れることもありましたが、次回は頑張りましょうね!

3/13(日)天台宗仏教章講習会 第2教程1日目 神奈川県秦野市命徳寺

3/13(日)トライアスロン(狭山公園

こちらの昨年はコロナで実施できませんでしたので2年ぶりになります。ラン(狭山公園の堤防の 上下を1周)、自転車(多摩湖周遊道路を3周!)とスカウト技能(ロープワーク3種)をトライアスロンの3種の競技として競います。天気も良く久々の体力勝負活動は楽しかったです!











3/25(金)天台宗仏教章講習会 第2教程2日目 比叡山

3/26(土)-27(日)春キャンプ(羽村市堰下レクリエーション広場)


 本来、カブ帯からの上進キャンプとなりますが今回は該当がないため春季キャンプとなりました。前回で慣れたのか設営も早くなりました。設営後ポイントハイクと買い出し。ポイントではVSの指導による救急法が行われました。

 夕食後は火を囲み小営火。スカウトソングとゲームを楽しみました。

 前回に比べ少しずつタイムスケジュールも守ることが出来はじめています。

このキャンプで2名のスカウトがBS隊からVS隊へ送り出すことが出来ました。VSでも活躍することを期待します。







3/27(日)弥栄集会(社会福祉センター)

  新年度の体制の発表です。BS隊はスカウト、指導者共に変わりありません。スカウト挨拶で昨年度はコロナ禍であまり集まっての活動が出来なかったがその中で培った技術を生かして活動していきたい。との言がありました。隊としては班キャンプの開催の実現を目標にしてきます。

2022年4月3日日曜日

2021年1月・2月の活動報告

 1/16(日)新年集会(市民センター) 

2022年最初の活動として、6団の皆が集まっての新年集会を行いました。今年度ここまでは班長、次長を固定していませんでしたが、この1月より班長、次長を任命しました。今後、数か月単位で変更をしていく予定ですが、班をまとめる大事な役目です。がんばってください。

新年集会ではそれぞれが新年の抱負を発表しました。自分の考えをまとめ、きちんと話せており感心しました。セレモニー後の時間を利用して耐寒キャンプのメニューを皆で相談しました。今回は定番のカレーとするようです。また昨年までのハイキングのおさらいをし、ハイキング章の技能章レポートを渡しました。


1/29(土)-30(日)耐寒キャンプ 

羽村レクリエーション広場での耐寒キャンプを計画しておりましたが、新型コロナ第6波の状況を踏まえて延期としました。3/5-6の実施を予定しています。

2/27(日)BP祭(サンパルネ) 

北多摩地区主催で行われた、ボーイスカウト活動の創始者ベーデンパウエル卿の生誕祭です。今年はコロナ感染予防のため、会場とオンラインのハイブリッド形式での会となりました。私たちの隊は、東村山西口の会場サンパルネからの参加となりました。

各隊ごとにそれぞれ、ベーデンパウエルやスカウト活動に関する問題にチャレンジし楽しい時を過ごしました。





2022年4月2日土曜日

2021年12月の活動報告

 

12/11(土)夜回り警備(市内)


 年の瀬に地域の皆さんに火の用心を呼びかける夜回り警備の集会。今年は社会福祉協議センターをスタート、せっかくなのでお題として「神社・お寺を7か所以上回ること」とのお題を出しました。スカウトで相談して設定したコースは、「諏訪神社」⇒「徳蔵寺」⇒「當間稲荷」⇒「熊野神社」⇒「梅岩寺」⇒「白山神社」⇒「天王森不動尊」。尋ねる場所ごとにお参りをしながら進みます。

 例年は、カブやビーバーとの共同の活動の時は声の小ささが気になるこの活動ですが、今年はボーイ隊のみということもあり、元気に回れたのが良かったです。




12/11(土)菊章北多摩地区面接(小平福祉会館)

緊張した面持ちでの初めての地区面接となりました。2人同時に約30分、隊長の推薦の言葉から各自の自己紹介・活動において辛かったこと楽しかったこと等々を質問されました。驚くほど堂々と受け答えをし、更に自己アピール今後の抱負も傍で見ていて安心できるものでした。

12/18(土)菊章伝達式(小平福祉会館)

親御さんの見守る中、地区コミッショナーより菊の進級章と認定書の伝達が行われました。


12/19(日)野帳作成および探検ハイク(狭山公園周辺)

 快晴の下、狭山公園へ移動。今まで読図・測量はそれなりに行ってきましたが、今回は更に踏み込んでこれらのスキルを基にコンパスを用い地図を描いてみようという試み。漢字と同じ、読めるより描けるようになると格段に読図力があがる野帳(フィールドノート)と呼ばれるスキルです。狭山公園の園路を回り方位角と歩数を記録し野帳を付けてみました。これが一体どうなって地図になるか、スカウト達は一様に疑問のようでした。

 これが終わるとまたもや謎の人物からの指令書がありました。記された地図上の座標を基に西武園から多摩湖北側を一直線に走る波線の正体を突き止める事。また地図には載っていない幻の池を調査しろ。更に湖畔に佇む謎のモアイ像を探せ。

 示された座標点へ行ってみると確かに妙に一直線な人が歩ける程の道が野を越え山越え谷越えて住宅街を抜けて西北西に延々に続きます。最後は行く先に狭山湖が確認出来る高台まで来ました。この正体はアルペンロードと呼ばれる狭山湖から西武園を通る歩道。西武園からは南下して多摩湖町「夢の遊歩道」、「回田緑道」と続き、東村山浄水場へと続く水道管の上に作られた落ち葉の落ちた冬の間歩ける歩道です。

次に座標を基に西武ドームの東側の雑木林を探索します。地図上にはない菩提樹池という池を発見。結氷した池の様子を楽しみました。

最後の課題は謎のモアイ像。狭山(村山上)湖畔の隠れた高台にある大多羅法師像を発見し引き返しました。

福祉センターへ戻り、朝の野帳を基に地図を起しました。紙面に浮かび上がった地図にそれぞれが驚き喜んでいました。

今年度最後の集会という事でクリスマスケーキを食べての解散となりました。